それなりのロスタイム

ジュビロへの想いやJリーグについてをブログに書いていこうかと思います

いろんな想いが沸き上がる最終節の鹿島戦

今日のJ1リーグ最終節でジュビロの2017シーズンがすべて終了いたしました
f:id:shot_gun59:20171202202824j:image

2017シーズンは16勝8敗10分、得点数50、失点数20で第6位でのフィニッシュです

年間の総括のような話はまた今度にします

 

ナショナルダービー 復活の兆し

鹿島が勝てば優勝というシチュエーションで迎えた伝統の一戦ナショナルダービーでした

 

最終節についてはテンションがあがってしまったということもありますが、試合前に2つも記事を投稿してしまいました

その2つの記事を書くときに意図的に意識していたことがあります

それはどんなに煽り文句だとしても『ナショナルダービー』とは書かないということです

 

ジュビロ磐田がナショナルダービーと呼べる次元にまだ到達していないと考えていたからです

一昨年はJ2で戦っていたクラブで、去年は最終節でやっと残留を決めるクラブなので、「まだおこがましい!」という感覚です

 

それにダービーというものは、何があっても絶対に勝たなくてはいけない試合じゃないですか!

そういう気迫的なものではこの数年の鹿島との対戦ではあまり感じられなかったような気もします

 

でも今回はあえて書きます!ナショナルダービー

 

今日の試合は両チームの選手もサポーターも物凄く気合いが入っていて『ナショナルダービー』と言っても誰も文句は言わないのではないでしょうか

 

ただ、鹿島がジュビロ磐田に勝ちたいというモチベーションだったかはわかりません

どちらかといえば、絶対に優勝したい!!そのために目の前の相手を倒したい!!というモチベーションだったはずです

なので、まだ復活の兆しとしておきます

 

うちに勝てなかったことで優勝できなかったという因縁はできましたので、来年以降は目の色をかえてくるかもしれませんね! 

 

川辺駿

彼の気迫は今日とてつもないものを感じました

ボールを持ったら『俺が決める!!』という気迫です

駿はなんとなく雰囲気で自分で行きそうとか、パス出そうとしてるなってのが、見てるとわかるタイプだと私は感じてます(私だけかもですが)

だからそのオーラを自在に操れるようになったらとんでもない選手になります!

これはもう断言しましょう!(責任は持ちませんww)

 

もちろん、前節にスタメンを外されたことで燃えるものがあったということはあると思いますが、色々と考えすぎるとそうではないように見えてきてしまうのです。(サポーターってツラい。。。)

その象徴的なのが交代でベンチに下がり、名波監督とのハグをしたシーン

通常のハグとは何か違う感じの抱擁

 

twitterでそのシーンの写真を何枚も見かけますので、多くのジュビロサポーターがピッチではなく、ベンチ前に視線を集中していたことがわかります

 

30を越えたおじさんにはもう涙腺が崩壊するのを止める術はありませんでした

 

涙腺の崩壊

1度、崩壊してしまうとダメです!些細なことですぐ泣きます!笑 

 

サポーターの声量

サックスブルーのゴール裏は素晴らしかったです

 

こんな雰囲気で永遠のライバルである鹿島と試合ができてる!!互角にやりあっている!!( ノД`)…

私の細胞が無意識に覚えてるんですかね?

 

大井健太郎の攻め上がり

後半のロスタイムにジュビロ側が完全に後ろ体重になる中で、CBの大井健太郎が一人で攻め上がっていく姿

 

まだ、試合は終わってないぞ!勝つぞ!というメッセージのようにも見えましたし、鹿島相手に引いたら失点するぞ!!というメッセージにも見えましたし、勝手に想像して感涙です。。。( ノД`)… 

いや、感RUIです!(それは去年のJリーグタイム!笑)

 

中村俊輔と三竿健斗 

前回も『中村俊輔と三竿健斗』って書いてるのですが、奇しくも今回もです

 

試合終了の笛がヤマハスタジアムに鳴り響いてジュビロ磐田コールが響き渡る中で、鹿島の三竿選手が座って立ち上がれなくなるほどの状態でした

鹿島の選手たちはおそらく自分の感情コントロールをするのに精一杯で気が付かずに整列をし始めていました

そこにジュビロの背番号10が歩み寄ったのです

 

自然と沸き起こる拍手!もう感動。。。( ノД`)…

 

中村俊輔もマリノス時代に同じように優勝を逃したことがあったので、痛いほど想いがわかるんでしょうね

そう思うと俊さんと一緒にタイトルを取りたいなぁ

 

お礼のセレモニー

最終節ということだったので、試合後にはセレモニーが行われ、社長、名波監督、大井健太郎からの挨拶がありました

 

超簡単に挨拶の内容を紹介します

社長「今年もご声援ありがとうございました。来年も名波監督体制でいきます!」

名波監督「俺の息子たちはどうでしたか?来年も俺について来い!」 

大井健太郎「名波さん、付いていきます!」

 

セレモニー後はスタジアムを1周です 

 

ん??あれ??ほとんど試合の話をしていない!!

たまにはいいか!笑

 

リーグ最小失点

ちょっとだけ話をするとこちらのCKやシュートで終われないとことごとく、ゴール前まで運ばれていた試合ではありました

身体を張って守りきったシーン、カミックが素晴らしすぎる件、鹿島のゴール前での質問題といろんなことが重なって見事に無失点!!

 

これによってリーグ最小失点チームとなりました!

ベストイレブンに一人は選ばれるでしょ!選ばれなかったら、選考委員をホント疑う

攻撃のほうは得点王とかでスポット当たりがちなので、ちゃんと守備への貢献度を評価してくださいね!

 

最後に

第7節からこのブログを書き始めてなんとか最終節までたどり着きました!

つたない文章だったり、つまらない内容のときもあったと思いますが、いつも読んでいただきありがとうございます!!

リツイートやいいね!をしていただけることが、大変嬉しくそれを励みに頑張れていますので、たまーーーにでいいので押して貰えると嬉しいです!

f:id:shot_gun59:20171202224708j:image

なんか終了する勢いで感謝を書きましたが、まだまだ書いていきますので、引き続きよろしくお願いします!!

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ